パワーエレクトロニックシステム (PELS: Power Electronic System) 研究室では、
パワーエレクトロニクスと電力システムと いう幅広いテーマで包括的な研究方針を 定めています。

特に将来のゼロエミッションに向け、 持続可能な再生可能エネルギー由来の 分散電源の利用、
高精度なデータ解析、 地球に優しいモビリティといった分野で の応用を目指しています。
パワーエレクトロニックシステム(PELS: Power Electronic System)研究室では、 パワーエレクトロニクスと電力システムという幅広いテーマで包括的な研究方針を定めています。
特に将来のゼロエミッションに向け、持続可能な再生可能エネルギー由来の分散電源の利用、 高精度なデータ解析、地球に優しいモビリティといった分野での応用を目指しています。

【教員】

平瀬 祐子
理工学部 電気電子情報工学科 准教授
博士(工学)
【主な経歴】
1996年 大阪府立大学大学院 工学研究 科数理工学専攻 博士前期課程修了
2016年 大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻 博士後期課程修了
三菱電機株式会社、日立マクセル株式会社、川重テクノロジー株式会社を経て、現職。
【主な経歴】
電気学会
パワーエレクトロニクス学会
IEEE
CIGRE

【研究テーマ】

6. その他 (フライングキャパシタ,太陽光発電設備の制御,etc.)

【主な就職先】

東京電力ホールディングス株式会社
清水建設株式会社
電源開発株式会社 (J-POWER)
東芝三菱電機産業システム株式会社 (TMEIC)
株式会社第一テクノ
など

News & Information

2022.04.05  祝ホームページ完成!